年末のご挨拶

皆様、いつもお世話になります。第一伊藤建設の代表取締役 伊藤卓見です。

国外では北朝鮮の問題はじめ国際地理的な感情が様々に動き、大きな変化の中、非常に危ない状況となってきています。国内においては国際情勢に対応しながらも第四次産業革命たるIOT、AI等、様々な変化の渦中におります。この大きな変化の中で、変えていかなければいけないモノ、変えてはいけないモノを十分に吟味して、変化に対応していかなければいけないと考えています。

本年、私ども会社でも少し変化が出来たのかな?と思っています。「良縁づくり」というグループの考えの中で本当に良縁づくりが出来ているのかな?また良縁づくりとは?と今一度考えてみる年となりました。

これも先人から引き継いだ来年会社設立50周年という節目と、ここまで、この地域で生かされた、必要とされた事に、感謝という点に於いて、様々な事業をしてまいりました。当然、本業である住宅の設計施工請負も、より一層の担当者の人間力と会社力で対応が出来つつあると思っています。

また、一昨年から始めさせて頂いているDear’sも月に4回と定期的に開催をする事が出来、マルシェも2回開催出来、多くの参加者に喜んで頂けたと思っています。そして感謝という事で、9月10日には「感謝祭」を開催させて頂きました。約1,030組、総勢3,700有余名の多くの関係諸兄に集まって頂き、私達の「立ち位置」の再確認と改めて多くの方々に支えられている事に「感謝」です。

もう一つ、「ラウンダー制度」を導入しました。これはお引き渡しさせて頂いたお客様訪問を定期アフターメンテナンス以外に伺う事です。約一カ月半に一度くらいの頻度で伺うわけですが、様々な住まいづくりの情報をお届けしています。少しずつ変化しながら来年も一生懸命に頑張ってまいります。

代表取締役 伊藤卓見