本社1階ショールームで、浜松蕎麦倶楽部 野澤俊治さんをお招きし、手打ち蕎麦講座が行われました。

まずは、野澤先生の見本をみて、その後実際に蕎麦打ち体験をしました。そば粉に水を混ぜ、コネコネしていきます。けっこう、腰にくるみたいですね。のし棒で伸ばしたあと、専用の包丁で切っていきます。太さは、うどんみたいだったり、そうめんみたく細くなりすぎたり、いろいろです。自分で打った蕎麦は、お家に持ち帰ることになりました。プリっとした食感のそばの実をとろろや夏野菜と一緒に混ぜ混ぜしたそばとろと先生が打ったお蕎麦をいただきました。

そば工房野澤屋